1970's ビンテージソフビドールの魅力【Kellogg's / Campbell's】

恵理ALTERED 1361

こんにちは。
東京都中野/新井薬師のビンテージショップ&バーALTERED 1361の恵理です。
今日のブログではお店のアイテムについてご紹介します。
今日ご紹介するのはこちら!



1970年代のビンテージのソフトビニールドールたちです。かわいいですよね〜。お部屋に置いてあるだけで毎日嬉しくなってしまいそうなお茶目な見た目、鮮やかな色彩。今日はこのソフトビニールドールの魅力をご紹介します。

【ソフトビニールドールとは?】
そもそも、ソフトビニールドールとは「ソフト塩化ビニール」でつくられているフィギュアのこと。
よく目にするフィギュアに比べて、中が空洞になっていることが特徴です。
ウルトラマン人形のような特撮モノの人形を目にしたことがある方は多いかと思いますが、あれと同じ素材です。
中が空洞なため軽く、子供が手に持って遊んだり、手軽にいろんな場所に飾ることができます。お店にあるソフビドールたちも企業のキャラクターなので、商品のオマケや景品にしたり、企業の営業マンが取引先の人にちょっと渡したり。。そんな使い方もされてたのかな?と想像します。

そんなソフビドールの代表格といえば、みなさんご存知のバービー人形。こちらは1959年にアメリカで作られました。ビンテージのバービー人形も人気ですよね!
子ども向けのおもちゃとして作られて、その時代のファッションや地域の文化と共に成長してきたバービー人形。そんな文化的な側面もソフビドールの魅力です。

【Kellogg's ポップ!スナック!クラックル!トリオ】



ここからは1361で現在取り扱っているソフビドールをご紹介します。
こちらは、皆さんご存知のシリアルの会社Kellogg'sの、ライスクリスピーのキャラクター、ポップ&スナック&クラックルのトリオの人形です。

Kellogg'sのシリアルは現代でも多くの人に食べられていますが、創業はなんと1922年!
Kellogg'sの公式サイトによると、創業者が1890年代にグラノラを作ろうとして手違いで小麦をフレークにしてしまったことがコーンフレークの起源だそうです。

ポップ&スナック&クラックルの名前は、シリアルを食べた時のサクサク、パリパリの擬音からつけられていて、眺めているだけで楽しい気分になるようなお人形です。3人で次はどんなシリアルを作ろうか?とお話ししているような表情。
よくみるとデザイン違いの帽子にそれぞれの名前が入っています!かわいい!

【Campbell's キャンベルキッズ】



こちらは、1869年に創業されたキャンベル・スープ・カンパニーのキャラクター「キャンベルキッズ」のソフビドールです。
キャンベルスープも現代でも広く親しまれています。1960年代アメリカのポップアートを代表する芸術家アンディ・ウォーフォルのアートの題材になったことでも有名ですよね!
まさにアメリカの歴史や文化の象徴ともいえるスープです。

キャンベルキッズは1905年にフィラデルフィアの女性イラストレーター、グレース・ギビー・ドレイトンさんによってデザインされたそうです。

ぷっくりピンクの頬に金髪や茶髪の可愛らしい髪。こちらも置いてあるだけでハッピーになるようなお人形です。

・・・・
いかがでしたか?ビンテージの置物もキャラクターの歴史がわかるだけでぐんと愛着が湧きますよね!
今日ご紹介したソフビドールは店舗でご覧いただけますので、ぜひ足を運んでみてくださいね!スタッフ一同お待ちしてます♪